当サイトについて!

車は決して安い買い物ではありません。それでも来る藻がほしい場合や必要な場合はありますよね。車を購入するときにはどのようなお金を借りる方法があるのかを解説します。

車購入

家族や両親から独立し社会人になったら、家や車を買うことは憧れますね。

でもマイカーを購入するとなるとどんなに安くても数十万、たいていの自動車で数百万円かかります。例えば今人気の日産エルグランドは、一番安いグレードで約320万円、カスタム費などを加算するとあっという間に400万円近くなってしまいます。

もちろん購入代金を一括で払えるに越したことはありませんが、自分自身の貯金や毎月の給料だけでは購入代金をすぐに準備できない人もいるでしょう。

その場合車購入でお金を借りる方法がいくつかあります。その中でもポピュラーなのが自動車ローンを組む方法でしょう。自動車ローンにはいくつかの種類があります。

ディーラーローンのメリットとデメリット

自動車を販売するディーラーでローンを提供している所も多いです。ディーラーローンの良いところは手続きが簡単な点です。必要事項を少し記入すれば、あとはディーラーの営業マンが処理してくれます。審査も比較的甘く回答までの時間もあまりかかりません。

ディーラーローン申込みの流れ

①ディーラーで車を選びローンを申込む
 下取り車があるか、頭金はいくら払うかなどもこの時点で決定
 車庫証明書の取得(アパートやマンション住まいの方又は月極め駐車場利用予定の方は「保管場所使用承諾証明書」が必要)
②一括払いか分割払いかを選択
③契約書に署名と捺印
④ローンの審査結果待ち
 

ただしほかの自動車ローンと比較すると、やや金利は高めに設定されています。また車検証の所有者名義がディーラーやローン会社になるため、名義変更の手続きを行う必要があります。

残価設定ローンについて

CMなどで「残クレ」という言葉をよく耳にしますが、残価設定ローンを利用する際にはよく考えてから決めなければなりません。
残価設定ローンとは、車体価格からあらかじめ設定した3年又は5年後の車の価値を差し引いた金額を分割で払うというものです。

残価設定ローンを契約すると毎月の支払額も抑えられますし、3年~5年後には新しい車に乗り換えることができるので低価格で最新モデルに乗りたい人にはおすすめです。

ただし月間の走行距離に制限があったり、銀行のマイカーローンに比べると総支払額は高くなってしまいます。

宣伝に惑わされずメリットとデメリットをよく考慮して、不明な点があればディーラーの方とよく相談して決める必要があります。

銀行の自動車ローンのメリットとデメリット

銀行で自動車ローンの販売をしている所も多いです。銀行の自動車ローンのメリットは金利の低さにあります。

たとえば住信SBIネット銀行の自動車ローンの場合1.775~3.975%です。これは自動車ローンの中でもかなり低いです。

住信SBI銀行のMR.自動車ローン
https://contents.netbk.co.jp/pc/campaign/lp_mloan_car.html

銀行の自動車ローンを見てみるとネット専業銀行の低金利が目立ちます。店舗を持たないためコストがかからず人件費も安く済むので、低金利でお客さんに還元することができます。

ただし銀行でローンの申し込みをするとなると、ディーラーとは別に銀行でも手続きをしないといけなくなり面倒です。また審査に関してもディーラーのローンと比較すると厳しい傾向が見られます。審査も多少時間がかかると思われますから、ディーラーとの間で支払いに関してあらかじめ相談をしておいた方がいいでしょう。

カードローンのメリットとデメリット

中にはカードローンを利用して自動車を購入しようと思っている人もいるでしょう。カードローンはフリーローンの一種ですから、資金の使用使途に規制はありません。もちろん融資されたお金をマイカー購入のために使うことも可能です。

しかしカードローンになるとどうしても金利は高くなります。消費者金融だと上限金利が適用されれば18%前後、銀行でも13~14%程度かかります。2ケタを切るような金利条件で借り入れするのは難しいでしょう。住信SBI銀行の自動車ローンと比較しても高いですし、ディーラーローンでも4~10%が相場ですからこれよりも高いです。

ローンの審査に通るか心配‐その時は

車を購入するときはローンの審査に通るかどうかが明暗を分けることになります。一般論ですが過去にローン返済延滞や債務整理歴がある場合は、審査に通りにくいと言われています。

自分が審査に通るかどうか気になって仕方がないときは、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)のサイトで自分の信用情報を確認することも可能です。(インターネットで情報開示する場合1,000円の手数料有)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

ワンポイントアドバイス

車は人生の中でも大きな買い物の一つです。ローンを契約する場合ある程度まとまった資金を借り入れることになるので、金利はなるべく低いものを選び返済計画をきちんと立てて、快適なカーライフを楽しみましょう。

あと、どうしても今日中の支払いがある場合はローンを延滞させてブラックになるよりも初回では30日間無利息サービスも行っていることから、即日キャッシング可能なカードローンを上手く活用することをおすすめします。